Fashion as an art

メゾン マルジェラは、1988年にベルギー出身のデザイナーであるマルタン・マルジェラが創業した、パリを拠点とするファッションブランドです。既成概念に囚われず、解体と再構築の概念を通して、その独自のクリエイティビティを表現しています。2014年にジョン・ガリアーノをクリエイティブ・デザイナーに迎え、彼のショー演出のセンスと熟練した創作力を、メゾン特有のエトスに注いでいます。メゾン マルジェラは、2012年以来オートクチュールの呼称を持つ「Artisanal」コレクションから、プレタポルテやアクセサリーを介してファッションのスペクトルをクロスさせています。また、メゾン マルジェラは2002年よりOTBグループに属しています。